襲名祝いの相場は2万〜5万円

襲名祝いの贈答花として人気の胡蝶蘭ですが、フラワーショップによっては高額でとても買えない場合があります。
3本で3万円ですが、それほど大きくありません。でも産直販売のサービスを利用することで5本立が3万円台で手配可能です。
襲名祝いには大きくて見栄えの良い胡蝶蘭5本立が喜ばれます。

 

最短で都内に贈りたい場合に見た目の良い胡蝶蘭が、今すぐ注文できます。

 



 

都内へは実績のある花屋へ依頼するのがお奨めです。
格安でも高品質な胡蝶蘭が安心価格でオーダーできます。予算が少なくても良質な胡蝶蘭が贈ることが出来ます。

 

相場価格として、襲名祝いのマナーに見合った価格としては、二万円〜五万円なら問題ないです。
先方とのお付き合いによって変わると考えると、他社に見劣りしない祝い品を贈りたいと思うなら、三万円以上にすると心配ないです。

 

お祝花を贈る配送時期については、当日早めに配達されることが望ましいです。
予約を早めにすれば日付や時間指定が可能ですが、急に贈ることが決まった場合などは、都内であれば即日配送対応の花屋が最短で手配可能です。

 


>>都内に最短当日配達【胡蝶蘭1万円〜】

 

襲名祝いの花を決めるときに無難なのが、高級ギフトという知名度があり、相場にも見合っているのが胡蝶蘭ギフトです。
価格によって蘭の大きさや輪数が変わることがありますが、産直通販の花屋を利用すれば、とても安く利用することができます。

 

襲名披露パーティーなどの会場へ贈るフラワーギフトにはスタンド花も喜ばれます。
立て札プレートを熨斗として花に付けることが可能です。

 

襲名祝いの熨斗書きは、送り主と受取人の名前、祝字として「襲名御祝」等を付けるのが一般的です。

 



 

花キューピットだと15000円が最安値の胡蝶蘭ですが、産直通販なら一般価格より5000円も安い1万円で手配できます。
配達は広く、スピード配送で翌日着(本州)の全国配達も可能です。3日後以降なら発送対応もしています。

襲名披露の会場に贈るならスタンド花

襲名祝いにお花をおくる場合いくつか気をつけなければならない点があります。
まず、どうような花を贈るかですが、定番は胡蝶蘭やスタンド花です。

 

スタンド花は披露パーティーの会場に飾るとよりいっそう華やぎます。

 

赤坂安い胡蝶蘭

 

胡蝶蘭は高級感があり、長持ちしやすく、「幸福が飛んでくる」というメッセージが含まれているので、襲名祝いに贈るにはおすすめです。

 

胡蝶蘭が飾られているだけで、襲名披露の会場が華やかになります。
その他にはアレンジメントやスタンド花をおくる場合もあります。

 

そして、襲名祝いの花を贈る際には名札をつけて贈ります。
名札にはどこから届いた花なのか明確になるように送り主の名前を添えます。

 

また、メッセージカードをつけて贈るのもおすすめです。
自分の言葉でお祝いを伝えられるので、より気持ちのこもったお祝いになります。

 

最後に花を贈るタイミングですが、披露会場へは開場1時間前までに届くようにします。
自宅宛ての場合は襲名式当日に届くようにします。

襲名祝いの熨斗書きとメッセージ

襲名祝いにはお花を贈ることが多いですが、熨斗の他に是非メッセージもつけて贈ることをおすすめします。

 

御襲名されました由、心よりお祝い申しあげます。
今後とも一層ご活躍されますようお祈りいたします。

 

この度は御襲名に浴され、誠におめでとうございます。
今後ますますのご活躍をお祈りいたします。

 

ご襲名おめでとうございます。
永年○○界の発展に寄与されたご功績が高く
さらに今後のご活躍とご健勝を祈念いたします。

 

拝啓 平素は並々ならぬご高配を賜わり、厚くお礼申しあげます。
さて、このたび○○のご襲名されたことを心よりお慶び申し上げます。
今後ともさらなるご発展ご飛躍なされますよう、お祈り申し上げます。
略儀ながら、書中をもってお祝い申し上げます。 敬具

 

心機一転頑張ろうという気持ちを盛り上げますし、当初はお祝いを兼ねての来訪、来社が増えますので、なるべくきれいに華やかに玄関、受付を飾りたいものです。
たくさんのお花があることでお付き合いの広い信頼があるイメージも受けます。

 

贈る側にしても、おめでとうという気持ちをその華やかさに込めて贈るのですが、他の方もたくさん贈られますので、是非素敵なメッセージを添えて贈ることをおすすめいたします。

 

その方が、ただお花をいただくよりも受け取った方により気持ちが伝わり印象に残ると思います。